どれくらいコストダウンするの

材料費はあまりかからないのがポイント

マーケティングオートメーションで重要なことは、材料費が通常のマーケティングよりもかからないことです。どれぐらいコストダウンをすることができるかは各企業が興味を持っている部分ですが、材料費として宣伝の部分だけ見てみると大きな違いがあることがわかります。今までチラシなどを作って配布していた場合には、印刷する枚数にもよりますが1枚20円から30円ぐらいのお金をかけていました。そうすると、1000人がその情報を見るためにかかる費用は2万円から3万円ほどになります。
これに対して、マーケティングオートメーションの場合にはインターネット上で宣伝することが可能になりますので、紙代は一切かかりません1万円程度で抑えることは可能です。このように考えると、宣伝する範囲が広ければ広いほどインターネットのマーケティングオートメーションに軍配が上がるといえるでしょう。

人件費も節約可能になる

商品を販売するためには、営業マンなどを配置しなければなりませんが、一人の営業マンを働かせると1日当たりおよそ2万円程度の経費がかかります。もちろん、その営業マンの給料によって異なりますが、人件費を節約しているところでも1万円以上かかると思って間違いありません。
ですが、インターネットを使ったオートマーケティングの場合は、サイトを構築するときに人件費はかかるもののその後メンテナンスなどは毎月1万円程度でメンテナンスの専門会社と契約することも可能になります。ちなみに、サイトを構築する場合には業者に依頼しても50万円ほどですが、ランディングページなどが営業マンの代わりに365日宣伝してくれるため、宣伝する期間が長くなるほど人件費を節約することができ会社にとってメリットが大きいです。

© Copyright Attractiveness Of Net. All Rights Reserved.