導入に向く向かないの業種はある?

マーケティングオートメーションに向いている業種

マーケティングオートメーションを投入する場合には、そもそもその業種自体が向いているかどうかを判断しなければなりません。
オートメーションが向いている企業の例としては、局地的な販売やサービスの提供を目的とするのではなく全国的に対応できる業種になります。例えば、健康食品を販売する場合はマーケティングオートメーションを利用することで売り上げを伸ばすことは可能になるでしょう。なぜなら、継続して購入してくる可能性が高いからです。継続して購入する場合、マーケティングオートメーションの仕組みを利用すれば自動的に次回の購入も案内することができます。しかも、リピーターには割引きするなどの内容をうまくシステムに取り込んでおけば、毎回購入するお客さんはお得になりますますリピートしてくれる可能性が高くなるでしょう。

マーケティングオートメーションに向いていない業種

マーケティングオートメーションに向いていない業種は、幅広い地域で活動しない仕事です。例えば、コンビニエンスストアやファミリーレストランなどのようにその地域でしか販売していない商品を地元の人たちに買ってもらう場合には、お金をかけて自動化し宣伝する必要はありません。コンビニエンスストアやファミリーレストランに関しては地域が限定されていますので、全国から顧客を集める必要がなくなります。もちろん、全く効果がないわけではありませんが、少なくともマーケティングオートメーションの長所を生かせる可能性は少ないです。
また、隠れ家的な商売をしている場合には局地的にお客さんを集めるだけでなく、集める人数自体も決して多くありません。しかも、口コミによってお客さんがやってきますのでそのような場合にも向いていないといえます。

© Copyright Attractiveness Of Net. All Rights Reserved.